先生の日記 2007年 2月

今年ももうひと月経ちますね。皆さん、風邪など引いていないでしょうか?私は今、わりと鼻水模様です。。。ぐるじー~悲しい
レッスン中はずっと口開けっ放しです。
新年明けてから、教室のドアに会員の皆さんに「今年の目標」を書いていただきました。さらーっと見てみると、多いのは“単語を覚える”です。どうやって覚えたら効率的でしょうか?う~ん、。。。
私の場合、普段から電子辞書はそばに置いています。テレビを見ているとき、メイクしているとき、なんとなく気になった単語はすぐ調べて、コタツの上のメモ用紙に書いています。それをそのメモがいっぱいになるまでずっと目の届くところに置いておきます。そうすると毎日コタツに座る度に見るので覚えていきます。が、それをレッスン中や、誰かとの会話の中で使わないとそのメモが新しくなる頃には忘れていたりします。やっぱり、たどり着くのは「人とのコミュニケーション」ですかしら。人に話して通じてこそ自分の身になっていきます。目標をもって取り組むことはモチベーションを保つのにとてもいいと思います。皆さん諦めずに地道に取り組みましょう!
By the way, 最近ハヤリの本、「世界の日本人ジョーク集」を買いました。読書そこからの引用ですが、著者がルーマニアに住んでいたときに、地元の青年が「日本人は皆立体テレビを持っているんだろう」とか、「日本人はコンピューターの犬をペットとして飼っているんだろう」と言うんだそうです。アイボのことですね。ペットとしてはまだ。。。ね。ま、このように日本は技術先進国というイメージが世界各国で根付いているようです。
私のよく知るオーストラリア人も日本製は絶対、という考えは持っていましたね。車、電化製品、洋服、と何でも。ラリアの街は移民であふれていますが、地元の友人は、「日本人の子はすぐわかるね。オシャレだから」と話していました。日本にいるとあまり感じませんが、海外に住んでみると「日本人」であることに誇りを感じるようになりました。最近では世界各国で活躍する日本人選手、俳優、歌手も大勢いますよね。そういう人々もモチロン応援していますが、まずは身近な方達から。
Of course, 当教室の生徒さんですね。今年、海外へ留学される方が去年に比べて実に多いです。海外に住んでみたときに、言葉の壁から色々と不自由も感じることでしょう。ですが、周りにはきっと理解を示し、協力してくれる人がいるはずです。怖がらずに、人との関わりを大事に、積極的に色んな国の人々とお話ししてみて下さい。絶対ご自身の視野が広がり、今後の生活に更なる希望を与えてくれると思いますよ。何かありましたら出発まで、そして現地からでもいつでも何でもご相談くださいね。地球

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Facebook 更新中!

  • 最近の投稿

  • ブログ カテゴリー

  • ブログ アーカイブ