英語授業は小3から、5年生から正式教科に!

a0027_002789

今日は教室のことではなくて
小学校の英語教育に関するニュースを真剣にお伝えしますね。

2020年が目途ですが・・・
文部科学省が、小学校の英語教育の開始を
現行の5年生から3年生に引き下げ
5年生からは、正式な科目にする方針を決めました。

 

こちらから、詳しい記事が見れます(読売オンライン)

 

 7年後ですから、まだ少し時間はありますが、
「世界で活躍する人材を育成するため」と、文部科学省も言っている通り、
今後はモット英語が必要になるでしょう、世界も身近になるのでしょうね。

 

私達が学生の頃よりも、国際化は確実に進んでいますね。

a0007_001776_m

 

こうなると「英語はいつから始めれば良いのか?」気になると思います。

 

今、1歳~3歳位のお子様は丁度、7年後には小学校の中・高学年になるので、
特に気になりますよね?

 

・小学校3年生から英語が始ります!
・小学校5年生から正式な教科になります! と、今後、教育業界も盛んに言うと思います。

 

そうなると、モット不安になると思いますが、
個人的には「そこまで焦らなくても良い」と、思います。
※もちろん、判断は保護者様の意思次第です。

 

確かに英語も早く始めた方が有利にはなります。
もし、1歳・2歳で始めれば、小学校3年生位になった時には
すんなり学校の授業にもついていけると思います。

 

でも、「英語を始めれば良い」ってワケではありません。
最も大事なことは、しっかり続けて、使える英語にすることです。

「早く始めた方が有利」と、言うのは嘘ではありませんが、
始めるより、続けることの方が大変ですからね(^^ゞ

 

今後、英語教育の低年齢化が今より進むような気がしていますが、
大事なポイントも忘れずに、冷静に判断して頂ければ良いと思います。

 

今日の一言・・・当教室も、1・2才のクラスも考えないといけないかも知れませんね!

 

 

 

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Facebook 更新中!

  • 最近の投稿

  • ブログ カテゴリー

  • ブログ アーカイブ